厳選!タダでもらえるAirDrop優良銘柄3選

仮想通貨のAirDropとは?

ICOは暗号通貨取引所に上場する前に資金調達を行い通貨発行主体が決めたレートに合わせたトークンまたは通貨を配布して保有者を広げその通貨経済圏を広げるまたはそのノード参加者を増やす効果を持つのと同時に上記資金調達詐欺行為が横行する混沌とした状況を作り出しているのも事実です。
それに対抗し、上場前に資金調達は行わず、まずはその通貨、トークンプロジェクトの参加者、保有者を広げ、経済圏を拡大するのを目的とし、希望した人に無料で配る行為をAirDrop(エアドロップ)と言います。この手法は第一に損する人がいない詐欺という言葉が存在しないという投資家にはなんともありがたいシステムであり今後この方法がスタンダードになっていくものと思われます。

本来の暗号通貨のエコシステムに戻った至極正当な方法だと思います。

 

仮想通貨AirDropおすすめランキング3選!

ここからは、数ある仮想通貨の中から、おすすめの仮想通貨AirDropを3つ紹介します。
2018年もICOを控えている仮想通貨は数多く、ICOに参加するにあたっては、格付けやおすすめランキングなどから将来性の高いものを見極めなければなりません。

以下に、2018年にAirDropのスケジュールが予定されている仮想通貨の中から、格付けやおすすめランキングなどで評価の高いものを3つ厳選して取り上げました。

 

 

①Frankl

2018年にAirDropスケジュールが予定されている仮想通貨の中から、おすすめ1つ目に紹介したいのは、「Frankl」です。

Franklは科学者や臨床医のためのコインです。ブロックチェーンと科学を結びつけるために開発されているトークンです。アプリケーション内でのブロックチェーンの統合により、科学的および臨床的実践における安全で倫理的なデータ共有を可能にします。少し専門的ではありますが何かのジャンルに特化したコインはよくある構想のコインと違って埋もれる可能性が低くなるのでこういった特定のジャンルに特化したトークンは面白いかなと思います。まずはAirDropでコインをもらって見るのがそのコインを知る第一歩だと私は思います。

FranklのAirDrop情報を得たい方は、こちらのURL(https://frankl.io/airdrop/)をご覧下さい。

 

 

②D-ZONE COIN

おすすめ2つ目に紹介するのは、2018年にICOスケジュールが予定されている仮想通貨の中でも、有望な「D-ZONE COIN」です。

D-ZONE COINは世界初のブロックチェーン技術を取り入れてつくられた決済サービス『TheDreamPay』と連動し高いセキュリティと利便性を実現し消費者と加盟店、また世界中の経済成長を支える可能性を秘めた頼もしい存在のICOです。

TheDreamPayが機能するようになると、決済業界において大きな変革が起きると同時に加盟店の決済手数料のコストダウンによりユーザーに提供できるサービスの質を向上させることも可能になるのでより良いサービス社会が訪れるだろうと予想しています。
またICOは基本的に資金をICOで初めてそれから事業構想やサービスを作っていくところが大半なのですが既にサービスや独自ウォレットがリリースされているというのは非常に安心材料になりますね。
しかも国産ICOというのが面白いですね。

D-ZONE COINのAirDrop情報を得たい方は、こちらのURL(https://dreampay.jp/dzoneico/airdrop/)をご覧下さい。

 

 

③Kasko2go

最後に紹介する「Kasko2go」です。 Kasko2go自動車の保険に特化したコインです。保険業界の不正、消費者の保険詐欺をブロックチェーン技術で防止します。それにより保険料の引き下げによる適正価格の推進、AIとビッグデータによってより良い交通状況の構築を目指しているようです。また現行の保険業界全体を破壊してしまっても構わないという少し過激ですがそれだけ自信のあるプロジェクトのようです。

Kasko2goのAirDrop情報を得たい方は、こちらのURL(https://tokensale.kasko2go.com/)をご覧下さい。

 

仮想通貨ICO情報を読み解くポイントとは?

ICOについてはネット上に様々な情報がありますが、ICOに参加して後に権利者として利益を得るためには、ICO参加の前にその仮想通貨の将来性を見極めなければなりません。

しかし、ICO参加については様々な情報が錯綜としており、そこから正しい情報を選び抜くのは、プロフェッショナルでもなければそう簡単なことではありません。

そこで、以下では、仮想通貨 ICOを読み解く際に一般的に用いられる3つのポイントを挙げました。

 

 

■スケジュール

仮想通貨 ICOを読み解く際、重要なツールとなるのが、ICOの「スケジュール」確認です。

ICOに参加するには、前述したように仮想通貨に投資する必要がありますが、投資のタイミングが常にあるわけではなく、ICOの資金調達スケジュールは数ヶ月のスパンで区切られているのが一般的です。

そのため、いざICOに参加しようと思ってもその時が資金調達の期間でなければ投資することはできないため、スケジュールの事前チェックは不可欠です。

なお、ICOのスケジュールは、多くの場合、仮想通貨の発行元のホームページで確認できます。

 

■取引所

ICOに参加する大前提として取引所が重要になってきます。

基本ICOで新しく発行されたコインを買う場合、現金ではなくビットコイン(BTC)や、イーサリアム(ETH)などで取引を行います。
日本人がICOに参加する場合、日本の取引所であるbitflyer、coincheckなどでBTC、ETHを買い付け、ICO専用をレットに送金し同額のコインを受け取るという流れになります。

ICOに参加することを決めた場合には、同時に、取引所を調べておきましょう。

 

 

 

■まとめ

仮想通貨については元祖とされるビットコインだけでなく、アルトコインであるイーサリアム (Ethereum) やリップル (Ripple) にも熱い視線が向けられているため、さらに踏み込んでICOへの関心が高まっているのも不思議ではありません。

仮想通貨 ICOはいま注目されているだけに、これまで金融商品取引に興味がなかった人で  あっても、参加を検討している方も少なくないでしょう。

この記事をご覧になった方がICOに参加されるにあたっては、上に挙げた3つの仮想通貨も有望コインとして参考になさってください。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です